クレジットカードのスピード審査について

こんにちは、クレジットカードスピード審査事務局です。

 

今回は今すぐクレジットカードが欲しいという方に
発行の早いクレジットカードについてです。

クレジットカードスピード審査ナビという名前のサイトだけに、今回、クレジットカードのスピード審査に対する詳しいご説明をさせて頂きます。

クレジットカードをスピーディに発行する具体的な方法

クレジットカードの発行までに要する時間はカード会社によってさまざまですが、
入会方法には「オンライン入会」・「来店入会」・「入会申込書の申請・郵送」

の三つがあるようです。
しかし三つ目の候補については少々時間がかかるようなので省きます。

一番早く入会できるのは、当り前ではありますが、
来店して即日発効出来るカードのようですが現在実施している会社は
セゾンカード、OMCカードのみのようです。
限られてしまっています…
しかしこの二つも指定の条件や指定の場所でのみしか即日発効はできないようです。

次にオンライン入会ですが、
MUFGカード、セゾンカード、JCBカード、セディナカードは
オンライン入会から1週間~10日以内にカード受け取りにたどり着くようです。

またもやセゾンカード…優秀??(笑)

しかしオンライン入会の際に、カード受取確認書兼規約同意書などに必要事項を
記入して本人確認書類のコピーを同封して郵送しないとカードが発行されない又は
発行されても利用できない場合もあるようです。
クレジットカードなので当然ですが、少し面倒(笑)

また申込時にキャッシングサービスの利用を希望する場合は
カード審査にかかる時間が延びるようです。
なので、早くほしいという方は注意が必要ですね。

これらの事から、一番早いのはやはり「来店する」との事のようですね(*^_^*)
これには必要書類がありますが、事前に調べておけば問題ないですね!
私は以前にルミネカードをお店で急遽申請した経験はありますが、
審査も割と早く、通ればその場で仮カードを発行してもらえるようで
そんな便利なパターンもあるようです。(当時の状況は…なので審査は通りませんでした照)

今回のお話の中ではカード名を例に挙げたので限られますが
このようなスピード発行も可能なようなので、是非うまく活用して頂きたいです。
楽天銀行で借りるなら、こちらのサイトがオススメですよ。

便利な世の中になったもんです。
では今回はこの辺で。
クレジットカードスピード審査ナビ事務局でした。
5月28日最終更新

タグ

キャッシングとクレジットカードの違いについて

こんにちわ、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。
今回は、キャッシングカードクレジットカードの違いにつきましてご説明したいと思います。初心者でもわかりやすいように解説しようと思いますので、お付き合いくださいませ。
まずは、キャッシングカード。
これはお金を借りるために必要なカードです。
比較点としては、クレジットカードよりも審査が早く、即キャッシングにたどり着けるので、緊急にお金が必要なときにとても便利です。
これがキャッシングカードの利点になります。

クレジットカードの良し悪し。


その反面クレジットカードは審査が長いというデメリットがありますが、
キャッシング機能はもちろん、多種多様なサービスがついてるのがクレジットカードの魅力です。と、その前に、クレジットカードの仕組みが意外と知られていないことが多いので軽くご説明いたします。クレジットカードは基本的にはユーザーとカード会社の間に数社入って手続きをしているのがほとんどです。
簡単に言うとクレジットカード会社の間にとりもつ銀行などの金融機関が加盟店でお買い物をした際に先払いをして、
月ぎめで、クレジットカード会社が一括でユーザーに請求をするというものなのです。
その際に加盟店からクレジットカード会社に手数料が発生しており、だいたい3%~5%のマージンを支払っているそうです。
案外複雑そうに見えますが、画像検索などでクレジットカード会社周辺の図があったりするので、わかりづらいと思った人は、図を見れば一発でお分かりいただけると思います。
さて、ここからはクレジットカードの特典になるのですが、
だいたい定番で知られているのはは3つくらいあります。
ひとつは、ポイントサービス。何円でいくらポイント還元!そうあれです。
現代のクレジットカードでポイント制がないカードは存在しないのではないでしょうか。というくらい定番です。
ふたつめ、保障サービス。国内外の旅行での保険。盗難などの保険。ショッピングの保険など、保障サービスも充実しています。
みっつめは、みんな大好き割引特典。これは言うまでもなく、加盟店によるお得な割引がつくということです。とまぁ、ここまで大分クレジットカード押しになってしまいましたが、実際は自分に会ったカードを作るのがベストだと思います。
この記事を見てくれた人が参考にして、カードを使っていただければ幸いです。
それではまた。

タグ

このページの先頭へ