クレジットカード会社について

こんにちはクレジットカードスピード審査ナビ運営事務局です。
今日は「クレジットカードの会社」について書いていこうと思います。
クレジットカードを発行している会社はたくさんあります。
国際系のクレジットカードや、銀行系クレジットカード会社、信販系のクレジットカード会社、流通系のクレジットカードの会社、事業会社系のクレジットカードの会社等、多種あります。

国際系のクレジットカード会社だと、アメリカン・エキスプレスインターナショナル(American Express)、ビザ・インターナショナル(VISA)、MasterCardInternational(MasterCard)、シティーカードジャパン(DinersClub)、ジェーシービー(JCB)

銀行系のクレジットカードの会社だと、三井住友カード、三菱UFJニコス、ユーシーカード、サクラカード、住信カード、住信ネット銀カード、りそなカード、ソニー銀行、シティカードジャパン、バンクカードサービス、スルガカード、しんきんカード

信販系のクレジットカード会社だと、セディナ、ライフ、ジャックス、アプラス、オリエントコーポレーション、全日信販、KCカード

流通系のクレジットカード会社だと、クレディセゾン、イオンクレジットサービス、セブンカードサービス、ファミマクレジット、東急カード、高島屋クレジット、UCS、ポケットカード

事業会社系のクレジットカード会社だと、NTTファイナンス、JALカード、SBIカード楽天カード、出光クレジット、トヨタファイナンス、日産フェイナンシャルサービス、ビューカード、JTB、イオンクレジットサービス

その他にもまだクレジットカード会社があるようです。こんなに会社があるとどこで作ったらいいのか私にはさっぱりわかりませんが、年会費を見たり、サービスをみたり、保障なども見て決めるのが良いかと思います。
あとは入会時に特典が付いてくるものが多いので、そちらの特典で自分になっているものがあれば、その視点から見て判断するのも良いかもしれませんね。

 

クレジットカードスピード審査ナビでした。
それでは失礼します。

タグ

クレジットカードの種類

こんにちは、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。

今日は「クレジットカードの種類(グレード)」について書いていきたいと思います。
ゴールドカードやプラチナカードと、耳にしたことはあるのですが、実際どのように違ってくるのか気になったので調べてみました。

まずグレードの種類は、日本はアメリカン・エキスプレスが行っている4段階の分類に「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」に分かれます。
グレードごとの特徴はどのようになっているのかというと。

まず一般カード。一番所持している方が多いかと思います。
大体年会費は1000円程度で、無料で発行している場合も多いです。
クラッシックまたはベーシックカードとも呼ばれています。
この中には年会費がやや高めのもので、保険やサービスが充実したものもあるようですが、利用限度額が一般カードと同等のため一般カードに区分されているようです。

続いてゴールドカード。
こちらは年会費が5000円~12000円程度のようです。
一般カードよりさらに多くのサービスが付加されているようです。
もちろん利用限度額も高めになっており、会社によっては500万というところもあるらしいです。
色々な無料サービス(空港有料ラウンジや旅行保険、ロードサービス)がついているようです。

続いてプラチナカード。言うまでもなく、ゴールドカードの特典をさらに上回る位置づけのカードですね。
発行会社が優良な顧客に対して特別に付与するものらしく、旅行やレジャーなどの趣味のために使うことが前提となっているため、保険とサービスがゴールドカード以上に充実されているようです。

続いてブラックカード。名前だけ聞くと、一般カードよりも下に聞こえてしまいますが、実際はカード会社の招待でのみ入会できる特別な位置づけのカードのようです。
年会費も一般カードより高くなりますが旅行保険が充実しており、利用限度も高めとのことでした。

このように調べてみると、お金持ちの人がプラチナカードを持っているというイメージにも納得できました。
いつか持ってみたいですね!夢で終わりそうですが(笑

クレジットカードスピード審査事務局からお伝えしました。

タグ

クレジットカードの歴史

こんにちは、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。

本日は「クレジットカードの歴史」について書いていきたいと思います。
みなさんが普段つかっているクレジットカード、とても便利ですが、どのようにして生まれたのか気になったので調べてみました。

クレジットカードが生まれたのは1950年のアメリカでした。
財布を忘れてもみじめな思いをしなければいいとの思いから、クレジットカード会社ダイナーズクラブを設立。
クレジットカードが誕生した有名な話ですが、ニューヨークのとある実業家が食事をしにレストランへ向かった時のこと。
支払いをしようとした際に、自分が財布を忘れていたことに気づき、このことがきっかけとなり、上記にも書いた、世界初クレジットカード会社のダイナースクラブが生まれました。
日本にクレジットカードが誕生するのは、その10年後のことです。
1960年にアメリカのクレジットカード会社と富士銀行(現みずほコーポレート銀行)と日本交通公社が提携を結んで、日本初のクレジットカード会社、日本ダイナースクラブが誕生したそうです。

実はデパート丸井でおなじみの、エポスカード(旧赤いカード)も、これと同年に発行されています。自分になじみの深いエポスカードにこんな古い歴史があったなんて驚きました。

その後、JCBカード(日本クレジットビューロー)VISAカードなどの、国際カードも普及しまし、色々な銀行からも相次いでクレジットカードが発行されるようになりました。

1980年には日本で初めてのゴールドカードがアメリカンエクスプレスから発行されました。
ゴールドカードは、多くのサービスが付加されるグレードのカードで一般のカードより利用限度額が高めに設定されているカードで年会費は5000円~12000円程度。

1987年には日本信販がVISAカードを発行し、MasterCardとのデュアル発行を果たす。(デュアル発行とは、カード会社や金融機関等が、2種類のブランドのクレジットカードを発行していること。)

まだまだ書き足りませんがおおまかな歴史はこのような感じでした。
気になった方はぜひ調べてみてください。

クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局でした。

タグ

クレジットカードについて

こんにちは、本日はクレジットカードについて書いていきたいと思います。

私のイメージでは、クレジットカードはあまり良いイメージではなく、なにかの支払いをする時に使う便利なカードといったイメージと共に、お金を一時的に借りる(借金)といったイメージがあります。

wikipediaで調べた所、クレジットカードとは、商品を購入する際の決算手段の一つ。
契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカードである。
とのことでした。
ちなみに名前の由来は、credit=信用であり、クレジットカードの会社が、会員に信用を供与するといった意味で、クレジットカードと名づけられているようです。
では実際どのようにして使用されているのかですが、なにかの代金が生じた際に、代金を後で支払う後払いのときに使うカードとなります。
後払いとなるわけですので、それなりの信頼がなくては使うことができないため、カード発行の際には、信用できるかどうかの審査が行われます。
審査に通るとクレジットカードが発行されます。
ショッピングや飲食店色々な所でクレジットカードを使い決算することが可能です。
その際の、一連の流れは以下のような感じで行われます。
1、カード利用者が、加盟店でカードを使い買い物をし、商品を受け取る。
2、加盟店から加盟店管理会社へ伝票を送り、加盟店管理会社が加盟店へ立替一括払い
3、加盟店管理会社→処理センター→カード会社へと、取引データを送付。
4、カード会社がカード利用者へ代金を請求、利用者が代金を支払う。
5、カード会社から立替一括支払いしていた加盟店管理会社へ代金を支払いする。

注意することは、加盟店でなければ使えないということなのです。
どこの加盟店でなければカードを使うことはできません。
カード支払いするつもりで飲食店に入り、いざ会計の際にカードが使えなくて、手持ちの所持金が清算学に満たなかったといった事態にならないために、あらかじめ確認しておきましょう!

タグ

キャッシングとは

こんにちは。クレジットカードスピード審査の運営事務局です。
今回は、クレジットカードではなく、キャッシングについてシェアさせていただきたいと思います。

キャッシングとはそもそもなんなのか。
WIKIによると、キャッシングとは融資(銀行などの金融機関が利息(金利)を得る目的で、企業や個人に金銭を貸し出すこと)のなかの、個人向けの小額のサービスがキャッシングとよく言われるそうです。

また、補足ですが、皆さんの聞き覚えがあるローンや借金は融資の別の名と考えていいと思います。これを知って、大きいお金を会社や個人で借りていたらキャッシングと言うのは聞いたことがないので、確かに!と思えましたw

改めて納得です。また、このような呼び方は少し耳にするとは思いますが、金銭を貸している側は債権者、借りている側は債務者と呼びます。なんかここまでかたく呼ぶと本当に重い借金をしている気がしますが、額には関係なくこの関係が成り立つそうです。
簡単に説明するとこんなところです。

 

さらに深く掘り下げますと、キャッシングの仕方は大きく3つに分かれており、銀行のキャッシング、消費者金融のキャッシング、クレジットカードのキャッシングがございます。この三つは名前のとおりどこを通して、お金を借りているのかということですよね。主にこの3箇所です。
ここでキャッシングの怖いところを言いますと、お金の管理能力が不足してる人がよくキャッシングを利用します。しかし、管理能力がないのに借りるわけですから、お金が返せなくなり、さらにお金を借りてしまうというスパイラルにハマってしまうわけです。

ご利用は計画的に。まさにこの言葉は念頭に入れておかなければならないと思います。じゃないと、簡単に自己破産ができてしまう。それが、キャッシングの世界だからです。と、少し主観が入ってしまいましたが、でもお金を借りないことが一番。もしも本当に緊急なときにだけ利用する。そんな使い方が、キャッシングと付き合っていく上で一番よいのではないでしょうか?キャッシングと一言で言っても、奥は深いものです。

 

もっともっとこれから調べて、情報をご提供していきます。
クレジットカードスピード審査運営事務局でした。

タグ

2012年3月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

タグ

2012年3月11日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ