おすすめスポンサー
クレジットカードスピード審査おすすめリンク

クレジットカードの種類

こんにちは、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。

今日は「クレジットカードの種類(グレード)」について書いていきたいと思います。
ゴールドカードやプラチナカードと、耳にしたことはあるのですが、実際どのように違ってくるのか気になったので調べてみました。

まずグレードの種類は、日本はアメリカン・エキスプレスが行っている4段階の分類に「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」に分かれます。
グレードごとの特徴はどのようになっているのかというと。

まず一般カード。一番所持している方が多いかと思います。
大体年会費は1000円程度で、無料で発行している場合も多いです。
クラッシックまたはベーシックカードとも呼ばれています。
この中には年会費がやや高めのもので、保険やサービスが充実したものもあるようですが、利用限度額が一般カードと同等のため一般カードに区分されているようです。

続いてゴールドカード。
こちらは年会費が5000円~12000円程度のようです。
一般カードよりさらに多くのサービスが付加されているようです。
もちろん利用限度額も高めになっており、会社によっては500万というところもあるらしいです。
色々な無料サービス(空港有料ラウンジや旅行保険、ロードサービス)がついているようです。

続いてプラチナカード。言うまでもなく、ゴールドカードの特典をさらに上回る位置づけのカードですね。
発行会社が優良な顧客に対して特別に付与するものらしく、旅行やレジャーなどの趣味のために使うことが前提となっているため、保険とサービスがゴールドカード以上に充実されているようです。

続いてブラックカード。名前だけ聞くと、一般カードよりも下に聞こえてしまいますが、実際はカード会社の招待でのみ入会できる特別な位置づけのカードのようです。
年会費も一般カードより高くなりますが旅行保険が充実しており、利用限度も高めとのことでした。

このように調べてみると、お金持ちの人がプラチナカードを持っているというイメージにも納得できました。
いつか持ってみたいですね!夢で終わりそうですが(笑

クレジットカードスピード審査事務局からお伝えしました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ