おすすめスポンサー
クレジットカードスピード審査おすすめリンク

クレジットカードの歴史

こんにちは、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。

本日は「クレジットカードの歴史」について書いていきたいと思います。
みなさんが普段つかっているクレジットカード、とても便利ですが、どのようにして生まれたのか気になったので調べてみました。

クレジットカードが生まれたのは1950年のアメリカでした。
財布を忘れてもみじめな思いをしなければいいとの思いから、クレジットカード会社ダイナーズクラブを設立。
クレジットカードが誕生した有名な話ですが、ニューヨークのとある実業家が食事をしにレストランへ向かった時のこと。
支払いをしようとした際に、自分が財布を忘れていたことに気づき、このことがきっかけとなり、上記にも書いた、世界初クレジットカード会社のダイナースクラブが生まれました。
日本にクレジットカードが誕生するのは、その10年後のことです。
1960年にアメリカのクレジットカード会社と富士銀行(現みずほコーポレート銀行)と日本交通公社が提携を結んで、日本初のクレジットカード会社、日本ダイナースクラブが誕生したそうです。

実はデパート丸井でおなじみの、エポスカード(旧赤いカード)も、これと同年に発行されています。自分になじみの深いエポスカードにこんな古い歴史があったなんて驚きました。

その後、JCBカード(日本クレジットビューロー)VISAカードなどの、国際カードも普及しまし、色々な銀行からも相次いでクレジットカードが発行されるようになりました。

1980年には日本で初めてのゴールドカードがアメリカンエクスプレスから発行されました。
ゴールドカードは、多くのサービスが付加されるグレードのカードで一般のカードより利用限度額が高めに設定されているカードで年会費は5000円~12000円程度。

1987年には日本信販がVISAカードを発行し、MasterCardとのデュアル発行を果たす。(デュアル発行とは、カード会社や金融機関等が、2種類のブランドのクレジットカードを発行していること。)

まだまだ書き足りませんがおおまかな歴史はこのような感じでした。
気になった方はぜひ調べてみてください。

クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局でした。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ