おすすめスポンサー
クレジットカードスピード審査おすすめリンク

最新情報

2012年5月28日クレジットカード
クレジットカードのスピード審査について
2012年5月1日クレジットカード
キャッシングとクレジットカードの違いについて
2012年4月27日クレジットカード
クレジットカードのマイルについて
2012年4月23日クレジットカード
クレジットカードのブラックリスト
2012年4月18日クレジットカード
クレジットカードの限度額を上げる方法

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

クレジットカードのスピード審査について

こんにちは、クレジットカードスピード審査事務局です。

 

今回は今すぐクレジットカードが欲しいという方に
発行の早いクレジットカードについてです。

クレジットカードスピード審査ナビという名前のサイトだけに、今回、クレジットカードのスピード審査に対する詳しいご説明をさせて頂きます。

クレジットカードをスピーディに発行する具体的な方法

クレジットカードの発行までに要する時間はカード会社によってさまざまですが、
入会方法には「オンライン入会」・「来店入会」・「入会申込書の申請・郵送」

の三つがあるようです。
しかし三つ目の候補については少々時間がかかるようなので省きます。

一番早く入会できるのは、当り前ではありますが、
来店して即日発効出来るカードのようですが現在実施している会社は
セゾンカード、OMCカードのみのようです。
限られてしまっています…
しかしこの二つも指定の条件や指定の場所でのみしか即日発効はできないようです。

次にオンライン入会ですが、
MUFGカード、セゾンカード、JCBカード、セディナカードは
オンライン入会から1週間~10日以内にカード受け取りにたどり着くようです。

またもやセゾンカード…優秀??(笑)

しかしオンライン入会の際に、カード受取確認書兼規約同意書などに必要事項を
記入して本人確認書類のコピーを同封して郵送しないとカードが発行されない又は
発行されても利用できない場合もあるようです。
クレジットカードなので当然ですが、少し面倒(笑)

また申込時にキャッシングサービスの利用を希望する場合は
カード審査にかかる時間が延びるようです。
なので、早くほしいという方は注意が必要ですね。

これらの事から、一番早いのはやはり「来店する」との事のようですね(*^_^*)
これには必要書類がありますが、事前に調べておけば問題ないですね!
私は以前にルミネカードをお店で急遽申請した経験はありますが、
審査も割と早く、通ればその場で仮カードを発行してもらえるようで
そんな便利なパターンもあるようです。(当時の状況は…なので審査は通りませんでした照)

今回のお話の中ではカード名を例に挙げたので限られますが
このようなスピード発行も可能なようなので、是非うまく活用して頂きたいです。
楽天銀行で借りるなら、こちらのサイトがオススメですよ。

便利な世の中になったもんです。
では今回はこの辺で。
クレジットカードスピード審査ナビ事務局でした。
5月28日最終更新

タグ

キャッシングとクレジットカードの違いについて

こんにちわ、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。
今回は、キャッシングカードクレジットカードの違いにつきましてご説明したいと思います。初心者でもわかりやすいように解説しようと思いますので、お付き合いくださいませ。
まずは、キャッシングカード。
これはお金を借りるために必要なカードです。
比較点としては、クレジットカードよりも審査が早く、即キャッシングにたどり着けるので、緊急にお金が必要なときにとても便利です。
これがキャッシングカードの利点になります。

クレジットカードの良し悪し。


その反面クレジットカードは審査が長いというデメリットがありますが、
キャッシング機能はもちろん、多種多様なサービスがついてるのがクレジットカードの魅力です。と、その前に、クレジットカードの仕組みが意外と知られていないことが多いので軽くご説明いたします。クレジットカードは基本的にはユーザーとカード会社の間に数社入って手続きをしているのがほとんどです。
簡単に言うとクレジットカード会社の間にとりもつ銀行などの金融機関が加盟店でお買い物をした際に先払いをして、
月ぎめで、クレジットカード会社が一括でユーザーに請求をするというものなのです。
その際に加盟店からクレジットカード会社に手数料が発生しており、だいたい3%~5%のマージンを支払っているそうです。
案外複雑そうに見えますが、画像検索などでクレジットカード会社周辺の図があったりするので、わかりづらいと思った人は、図を見れば一発でお分かりいただけると思います。
さて、ここからはクレジットカードの特典になるのですが、
だいたい定番で知られているのはは3つくらいあります。
ひとつは、ポイントサービス。何円でいくらポイント還元!そうあれです。
現代のクレジットカードでポイント制がないカードは存在しないのではないでしょうか。というくらい定番です。
ふたつめ、保障サービス。国内外の旅行での保険。盗難などの保険。ショッピングの保険など、保障サービスも充実しています。
みっつめは、みんな大好き割引特典。これは言うまでもなく、加盟店によるお得な割引がつくということです。とまぁ、ここまで大分クレジットカード押しになってしまいましたが、実際は自分に会ったカードを作るのがベストだと思います。
この記事を見てくれた人が参考にして、カードを使っていただければ幸いです。
それではまた。

タグ

クレジットカードのマイルについて

クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。

今回はクレジットカードのマイルについてご説明したいと思います。

まず、はじめにマイルとは?と思いの方もいるかと思います。
一般的にはマイルとは距離を表す単位ですが、
ここでは航空会社が扱う「マイレージプログラム」というサービスの単位です。
そのプラグラムはたまったマイル数によって航空会社ならではの特典を
マイル数と交換できるシステムになっております。
もらえるマイルの数は、飛行機に乗った区間で定められた数だけもらえます。
しかし航空会社はそれぞれ独自のマイレージプログラムを導入しているため、
合算が出来ないのがネックになっております。
航空会社は世界中たくさんありますので、それぞれが違うプログラムだと
あまり貯まりません。
そこでさらに調べてみたところ、航空会社同士でプログラムの提携を
結んでいるところが多数あることが分かりました。

自分に合ったクレジットカードのマイルプログラム


自分に合ったマイレージプログラムに入ることをお勧めしたいのでここでそのコツの紹介をいたします。
・自分自身がよく使う航空会社に登録する。
考えればすぐわかることですが、これにこしたことはありません。
普段自分がよく使う航空会社のマイレージプログラムを調べてみましょう。
・登録したプログラムの加盟店の航空会社を使うように調節する。
これも当たり前のことではありますが、自分が登録したところよく使えば使う分だけポイントは貯まります。それをふまえた上で、マイレージプログラムに登録してみましょう。
その他にもマイルをためる方法は会社ごとに色々あります。
クレジットカード、プロバイダー、旅行、銀行、ショッピング等。
調べればたくさんあります。
そういった意味でも、自分がよく利用することを考えたマイレージプログラムを登録したいものですね。
最近では交換する特典も多数存在しており、昔は無料航空券ばかりでしたが、
ツアー等の旅行券やビジネスクラスへのアップロードも出てきています。
今後もたくさんの特典が増えていくことが予想されますので、是非早いうちから
マイレージプログラムには登録しておきたいものです。
今回はこのへんで。

タグ

クレジットカードのブラックリスト

こんにちは、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。

皆さんはクレジットカードという物が身近に存在する中で
【ブラックリスト】という言葉を耳にしたことがあるかとおもいます。
それってどういうこと?と思う方も多いと思います。
そこで、少しブラックリストについて調べてみたのでお話しさせて頂きます。

一般的にブラックリストというのは【要注意人物一覧】という認識をされていることが多いようですね。私もそう認識していました。
しかし今回のクレジットカードのブラックリストについては
ショッピングにおいてクレジットカードの利用やキャッシングの利用をした際、
その支払いを延滞した場合に「事故」や「延滞」言うらしく
個人信用情報と言う物に登録されるそうです…怖い怖い(笑)
これが業界ではブラック情報と呼ばれ、ブラックリストと言われているようです。
実際にそのようなリストは存在しないようです。

クレジットカードでブラックリストになるとどうなる?


その期間は、クレジットカードで定めた支払日から三ヶ月遅れると
事故扱いとなり、登録されてしまうようです。
三ヶ月と聞いて、私は案外長いなと思いました(笑)
しかし一度登録されてしまうと五年間は消えないようなので注意が必要です。
そうなってしまうと、その間は一切のクレジットカード申請が通らなくなってしまうそうなので気をつけなければなりませんね。
だからと言って一ヶ月くらいなら大丈夫♪なんて決して考えないでくださいね(笑)
考えないですよね。

しかし最近は更に厳しくなっているらしいので事故は起こさないように
気をつけましょうね。

万が一、クレジットカードでブラックリストになってしまったら。。


もし仮にブラックリストに載ってしまった場合に
その後に完済しても事故の事実は一定期間残るそうなので、その間も
クレジットカードの申請は通らなくなってしまうようですね。
そしてこれも気になっている方も多いと思いますが
個人信用情報が、就職などに影響するのかという事です。
これについては影響はしないようです。
家族にも影響を及ぼしません。
だからと言って、迷惑をかけている事にはなると私個人は思うので
そのようなことにならないようにしたいですね。
毎度の事ですが、計画的に行えば問題ないですね、それでは失礼します。

タグ

クレジットカードの限度額を上げる方法

こんにちは、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。

クレジットカードのスピード審査も大切な事ですが、
今回お話しするのは【クレジットカードの限度額をあげる方法】です。

クレジットカードには限度額という物がありますね。。
カードには多くの方が保有している一般的な年会費無料の物が主ですが
それには割と低めの限度額が設定されているようですね。
もちろん、その金額を超えるお買い物は出来ないわけですが
その限度額を上げる方法があるようなのでお話しさせて頂きます。

クレジットカードの限度額を上げていく方法とは?


まずは、限度額が自動的に上がっていく方法
これは簡単な事ですが、クレジットカードを正しく利用して
支払いの遅延がなければ、1年ほどで引き上げが出来るようです。
これには勝手に上がる場合と引き上げが可能な状態ではあるけど
こちらから申請しなくてはならない場合があるようです。
なので注意がひつようですね…
注意と言っても電話一本で済むようなのですが(笑)
カードを使い始めてから1年以上正しく使用しているのであれば
まず応じてもらえるようです。
もし急な出費により限度額の引き上げが必要になった場合は、仕様年数を確認して
問い合わせてみてはいかがでしょうか(*^^*)

ではそれ以外に限度額を引き上げる方法はあるのでしょうか…

 

あるんです。
それは海外旅行などのレジャー目的の時に高額商品の購入などが
予想されるからとのことで、一時的にですがあがるようです。
旅行の数日前に電話で申請してみると審査の後2~3日で引き上げをしてもらえるようです。
カード発行初期の限度額が10万円といった場合も少なくはないようなので
海外旅行…少し心細いですよね(笑)
なのでそんな状況に直面したら一度試してみてはいかがでしょうか?
カードの限度額にも発行時の審査と同様に、
職業などがかかわっているようなので基本は初期の設定を受け入れましょう(笑)
しかし特別な状況のみ、高額商品の利用により、カード会社にも
大きな利益になるようなので通常の審査よりは甘いようです。

各々に合わせた設定になっているようで
基本的には限度額の引き上げ審査は難しいようなので
普段は決められた金額の中で計画的に使うのが一番ですね!!
クレジットカードは正しく使いましょう!

それではまたお会いしましょう。

タグ

クレジットカードのデザイン

こんにちわ、クレジットカードスピード審査事務局です。
いつもクレジットカードで楽しくお勉強をしております。
今日はクレジットカードのデザインについて調べてきたのでシェアいたします。

さぁ、皆さんご存じのクレジットカード、たくさんの種類がありますよね。
皆さんはどういったクレジットカードに目が惹かれますか?
持っているだけでカッコイイものから、色とりどりはもちろん。
デザインも豊富で、今日では、キャラクターとのタイアップで出来ている物もあります。
でもやっぱり欲しいのはあれですよね。そう、ゴールドカード!!
比較サイトでチェックしてみたのですが、どれもキラキラしていて全部集めてみたいくらいです。
そしてそのう上をいくプラチナカード!こんなの持てたら最高だなぁと、興奮してみてしまいました(笑)

さて、話を戻しまして、前述しましたキャラクターのデザインが施されているカード。
これも一押しだと筆者は考えます。
なぜならば、今やキャッシングカードやクレジットカードはスペックだけではなく、
単なるお買いものツールでもないということです。
そう、もっているだけでオシャレな気分や、
キャラクターと一緒にいられるといった感覚を味わえる新しい価値がうまれてきているからです。
ラブプラス、アイドルマスター、エヴァンゲリオン、GLAY、X-japanまで、
アニメやアーティスト等みなさんが知っているものから、
かなりコアなデザインのカードまで存在しているんですよ。
こりゃ全部報告するのは無理だと思ってしまいました(笑)

なので、もし自分が興味のある作品やコンテンツがあるのでしたら、
カードをこのデザインで選ぶのもよい方法かもしれません。
と言っても自分にあったものを選ぶのが一番ですが・・・。
まあ、ある意味自分にあったものかもしれませんね。

比較サイトはネット上にたくさん転がっています。
もし興味があるのでしたら探してみてください!!
あなたの大好きな一生大切にしたいカードに出会えるかもしれません。

クレジットカードスピード審査ナビでした。

タグ

クレジットカードの審査について

こんにちは、クレジットカードスピード審査事務局です。
今日は「クレジットカードの審査」について書いていきたいと思います。
クレジットカードは、プリペイドカードやデビットカードとは違い、利用代金を後払いできるシステムのカードの為、信用が必要不可欠となっており、カードを発行する際には審査が行われ、その審査に通ることができると、カードを発行することができる。

審査の基準はクレジットカード会社によって差がありますが、基本的には、カード発行者の年収、職業、信用情報(消費者金融で多額のキャッシングを利用している等)によって審査が行われます。
未払いのキャッシングがある場合はそちらの返済をして負債額をなくすことから始めなくては審査は通りません。
事故情報(ブラックリストのようなもの)に名前が載ってしまうと、三年間その記録が消えなくなります、また自己破産の場合は10年記録が消えませんので、その場合もキャッシングカードを作ることはできなくなります。

2007年に賃金業法改正が施行され、貸出の金利上限が20%まで引き下げられたことにより、クレジットカード会社の収益が出にくくなったために、確実に返済してくれる利用者を求める志向が高まったため、審査基準も厳しくなりました。

そのため無職の人が審査に通ることは難しいようです。
また学生、主婦、自営業の方も、会社員に比べれば難しいようですが、クレジットカード会社によっては厳しさが違います。職業によって厳しい所、甘い所なども、会社によって違うようですので、そのあたりをきちんと調べれば、審査を通ることができるかもしれません。

調べた所によると、楽天銀行のカードローンは、通常のクレジットカード会社の信用情報機関を通さないらしく、主婦、パード、アルバイト、フリーター、勤続年数の短い人や自営業をしている方などでも、比較的カードを発行しやすくなっているようです。

このような事から、カード発行の際に、いかに信用が大事になってくるか分っていただけたと思います。

それではこのあたりで失礼します。

タグ

クレジットカードの限度額

こんにちは、クレジットカードスピード審査ナビ運営事務局です。
今日は「クレジットカードの限度額」について書いていきたいと思います。
限度額というのは、クレジットカードで使うことのできる上限金額のことです。

一般的には、10万円~50万円程度の上限金額となっています。また一般カードよりもグレードが高いとされる、ゴールドカードでは、50万円~400万円と高めに設定されています。また限度額を月給によって月給の〇倍迄といった設定のカードもあるようです。
クレジットカードの限度額の差は、個々の資産状況や利用状況によってカード会社が判断をし、限度が定められます。
限度額は、現在利用して、立替してもらっている金額がある場合は、その金額を限度額から引いた金額が、その時の利用限度額となります。

限度額を超えて使用してしまうと、カードが使えなくなる恐れもあるようなので、限度額はきちんと把握しておくのが良いです。
限度額以上の金額を使いたい場合は、カード会社に事前に連絡をして、限度額の引き上げを申込みすることで対応してくれることもあるようです。

利用限度額が高ければ、高額な買い物をするときに、現金を持ち歩かずに買い物できるので安心ですね。
またその逆で、わざと利用限度額を低めに設定しておけば、もしカードを紛失や盗難された場合に、カードを使われたとしても被害が小さく収められるので一概にどちらが良いとは言い切れませんね。
盗難されたカードが限度額以上に使い込まれた場合、その前に本人に確認の電話がいくそうなので、こういった場合でも被害を抑えられますね。

カードの限度額は引き上げの申込み以外でも、カードの更新時に引きあがる場合が多いようです。

海外に行く場合は、スキミングや決済金額の書き換えなど、時々耳にするトラブルの不安があります。
不安な方は、捨てカードとして引き落とし口座をメインバンクではないカードを作り、そちらを持って行って使うのもありでしょう。

それではこのへんで失礼します。

タグ

クレジットカード会社について

こんにちはクレジットカードスピード審査ナビ運営事務局です。
今日は「クレジットカードの会社」について書いていこうと思います。
クレジットカードを発行している会社はたくさんあります。
国際系のクレジットカードや、銀行系クレジットカード会社、信販系のクレジットカード会社、流通系のクレジットカードの会社、事業会社系のクレジットカードの会社等、多種あります。

国際系のクレジットカード会社だと、アメリカン・エキスプレスインターナショナル(American Express)、ビザ・インターナショナル(VISA)、MasterCardInternational(MasterCard)、シティーカードジャパン(DinersClub)、ジェーシービー(JCB)

銀行系のクレジットカードの会社だと、三井住友カード、三菱UFJニコス、ユーシーカード、サクラカード、住信カード、住信ネット銀カード、りそなカード、ソニー銀行、シティカードジャパン、バンクカードサービス、スルガカード、しんきんカード

信販系のクレジットカード会社だと、セディナ、ライフ、ジャックス、アプラス、オリエントコーポレーション、全日信販、KCカード

流通系のクレジットカード会社だと、クレディセゾン、イオンクレジットサービス、セブンカードサービス、ファミマクレジット、東急カード、高島屋クレジット、UCS、ポケットカード

事業会社系のクレジットカード会社だと、NTTファイナンス、JALカード、SBIカード楽天カード、出光クレジット、トヨタファイナンス、日産フェイナンシャルサービス、ビューカード、JTB、イオンクレジットサービス

その他にもまだクレジットカード会社があるようです。こんなに会社があるとどこで作ったらいいのか私にはさっぱりわかりませんが、年会費を見たり、サービスをみたり、保障なども見て決めるのが良いかと思います。
あとは入会時に特典が付いてくるものが多いので、そちらの特典で自分になっているものがあれば、その視点から見て判断するのも良いかもしれませんね。

 

クレジットカードスピード審査ナビでした。
それでは失礼します。

タグ

クレジットカードの種類

こんにちは、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。

今日は「クレジットカードの種類(グレード)」について書いていきたいと思います。
ゴールドカードやプラチナカードと、耳にしたことはあるのですが、実際どのように違ってくるのか気になったので調べてみました。

まずグレードの種類は、日本はアメリカン・エキスプレスが行っている4段階の分類に「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」に分かれます。
グレードごとの特徴はどのようになっているのかというと。

まず一般カード。一番所持している方が多いかと思います。
大体年会費は1000円程度で、無料で発行している場合も多いです。
クラッシックまたはベーシックカードとも呼ばれています。
この中には年会費がやや高めのもので、保険やサービスが充実したものもあるようですが、利用限度額が一般カードと同等のため一般カードに区分されているようです。

続いてゴールドカード。
こちらは年会費が5000円~12000円程度のようです。
一般カードよりさらに多くのサービスが付加されているようです。
もちろん利用限度額も高めになっており、会社によっては500万というところもあるらしいです。
色々な無料サービス(空港有料ラウンジや旅行保険、ロードサービス)がついているようです。

続いてプラチナカード。言うまでもなく、ゴールドカードの特典をさらに上回る位置づけのカードですね。
発行会社が優良な顧客に対して特別に付与するものらしく、旅行やレジャーなどの趣味のために使うことが前提となっているため、保険とサービスがゴールドカード以上に充実されているようです。

続いてブラックカード。名前だけ聞くと、一般カードよりも下に聞こえてしまいますが、実際はカード会社の招待でのみ入会できる特別な位置づけのカードのようです。
年会費も一般カードより高くなりますが旅行保険が充実しており、利用限度も高めとのことでした。

このように調べてみると、お金持ちの人がプラチナカードを持っているというイメージにも納得できました。
いつか持ってみたいですね!夢で終わりそうですが(笑

クレジットカードスピード審査事務局からお伝えしました。

タグ

クレジットカードの歴史

こんにちは、クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局です。

本日は「クレジットカードの歴史」について書いていきたいと思います。
みなさんが普段つかっているクレジットカード、とても便利ですが、どのようにして生まれたのか気になったので調べてみました。

クレジットカードが生まれたのは1950年のアメリカでした。
財布を忘れてもみじめな思いをしなければいいとの思いから、クレジットカード会社ダイナーズクラブを設立。
クレジットカードが誕生した有名な話ですが、ニューヨークのとある実業家が食事をしにレストランへ向かった時のこと。
支払いをしようとした際に、自分が財布を忘れていたことに気づき、このことがきっかけとなり、上記にも書いた、世界初クレジットカード会社のダイナースクラブが生まれました。
日本にクレジットカードが誕生するのは、その10年後のことです。
1960年にアメリカのクレジットカード会社と富士銀行(現みずほコーポレート銀行)と日本交通公社が提携を結んで、日本初のクレジットカード会社、日本ダイナースクラブが誕生したそうです。

実はデパート丸井でおなじみの、エポスカード(旧赤いカード)も、これと同年に発行されています。自分になじみの深いエポスカードにこんな古い歴史があったなんて驚きました。

その後、JCBカード(日本クレジットビューロー)VISAカードなどの、国際カードも普及しまし、色々な銀行からも相次いでクレジットカードが発行されるようになりました。

1980年には日本で初めてのゴールドカードがアメリカンエクスプレスから発行されました。
ゴールドカードは、多くのサービスが付加されるグレードのカードで一般のカードより利用限度額が高めに設定されているカードで年会費は5000円~12000円程度。

1987年には日本信販がVISAカードを発行し、MasterCardとのデュアル発行を果たす。(デュアル発行とは、カード会社や金融機関等が、2種類のブランドのクレジットカードを発行していること。)

まだまだ書き足りませんがおおまかな歴史はこのような感じでした。
気になった方はぜひ調べてみてください。

クレジットカードスピード審査ナビの運営事務局でした。

タグ

クレジットカードについて

こんにちは、本日はクレジットカードについて書いていきたいと思います。

私のイメージでは、クレジットカードはあまり良いイメージではなく、なにかの支払いをする時に使う便利なカードといったイメージと共に、お金を一時的に借りる(借金)といったイメージがあります。

wikipediaで調べた所、クレジットカードとは、商品を購入する際の決算手段の一つ。
契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカードである。
とのことでした。
ちなみに名前の由来は、credit=信用であり、クレジットカードの会社が、会員に信用を供与するといった意味で、クレジットカードと名づけられているようです。
では実際どのようにして使用されているのかですが、なにかの代金が生じた際に、代金を後で支払う後払いのときに使うカードとなります。
後払いとなるわけですので、それなりの信頼がなくては使うことができないため、カード発行の際には、信用できるかどうかの審査が行われます。
審査に通るとクレジットカードが発行されます。
ショッピングや飲食店色々な所でクレジットカードを使い決算することが可能です。
その際の、一連の流れは以下のような感じで行われます。
1、カード利用者が、加盟店でカードを使い買い物をし、商品を受け取る。
2、加盟店から加盟店管理会社へ伝票を送り、加盟店管理会社が加盟店へ立替一括払い
3、加盟店管理会社→処理センター→カード会社へと、取引データを送付。
4、カード会社がカード利用者へ代金を請求、利用者が代金を支払う。
5、カード会社から立替一括支払いしていた加盟店管理会社へ代金を支払いする。

注意することは、加盟店でなければ使えないということなのです。
どこの加盟店でなければカードを使うことはできません。
カード支払いするつもりで飲食店に入り、いざ会計の際にカードが使えなくて、手持ちの所持金が清算学に満たなかったといった事態にならないために、あらかじめ確認しておきましょう!

タグ

キャッシングとは

こんにちは。クレジットカードスピード審査の運営事務局です。
今回は、クレジットカードではなく、キャッシングについてシェアさせていただきたいと思います。

キャッシングとはそもそもなんなのか。
WIKIによると、キャッシングとは融資(銀行などの金融機関が利息(金利)を得る目的で、企業や個人に金銭を貸し出すこと)のなかの、個人向けの小額のサービスがキャッシングとよく言われるそうです。

また、補足ですが、皆さんの聞き覚えがあるローンや借金は融資の別の名と考えていいと思います。これを知って、大きいお金を会社や個人で借りていたらキャッシングと言うのは聞いたことがないので、確かに!と思えましたw

改めて納得です。また、このような呼び方は少し耳にするとは思いますが、金銭を貸している側は債権者、借りている側は債務者と呼びます。なんかここまでかたく呼ぶと本当に重い借金をしている気がしますが、額には関係なくこの関係が成り立つそうです。
簡単に説明するとこんなところです。

 

さらに深く掘り下げますと、キャッシングの仕方は大きく3つに分かれており、銀行のキャッシング、消費者金融のキャッシング、クレジットカードのキャッシングがございます。この三つは名前のとおりどこを通して、お金を借りているのかということですよね。主にこの3箇所です。
ここでキャッシングの怖いところを言いますと、お金の管理能力が不足してる人がよくキャッシングを利用します。しかし、管理能力がないのに借りるわけですから、お金が返せなくなり、さらにお金を借りてしまうというスパイラルにハマってしまうわけです。

ご利用は計画的に。まさにこの言葉は念頭に入れておかなければならないと思います。じゃないと、簡単に自己破産ができてしまう。それが、キャッシングの世界だからです。と、少し主観が入ってしまいましたが、でもお金を借りないことが一番。もしも本当に緊急なときにだけ利用する。そんな使い方が、キャッシングと付き合っていく上で一番よいのではないでしょうか?キャッシングと一言で言っても、奥は深いものです。

 

もっともっとこれから調べて、情報をご提供していきます。
クレジットカードスピード審査運営事務局でした。

タグ

2012年3月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

タグ

2012年3月11日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ